APPLICATION

スマホアプリ開発

タッチポイントの特性を生かしたサービス開発

ガラケー時代からの携帯向けコンテンツ・サービス制作の実績のある弊社では、ユーザーに近いタッチポイントでのサービス設計に強みがあります。これをスマートフォンアプリのサービス開発に生かし、エンドユーザーの生活に寄り添う価値をご提供しています。


ユーザーを捉え体験を設計し開発する

スマートフォンアプリはその事業やサービスに対して認知があるユーザーに提供されるべきものとして捉え、ダウンロードに至るニーズが顕在化しているといえます。そういったユーザーに対し、利便性を追求することが重要であると考え体験設計・開発を行っております。また、アプリとサーバー間の通信においても、ただ通信ができるだけでなく、アクセスのタイミングやデータ量を想定・調整した設計にすることでいつでも安定した通信速度を維持するなど、ユーザーの利用シーンを想定し、常にユーザーが快適と思えるアプリ体験を創り出します。


最適な開発手法の提案が可能な「開発ノウハウ」

ソニックムーブでは、スマートフォンアプリ開発事業を展開し始めた当初から常に最新の開発手法や技術にチャレンジしております。近年では、MVCはもとより、MVVMやMVPなどの設計手法をベースにSwiftUI+Combineのような最新の手法を組み合わせるなど、様々な手法を積極的に取り入れております。 具体的な例では、実案件においてはCI/CDツールを導入し、ビルドやテスト、レビューを短いサイクルで継続的に繰り返した上で、自動デプロイを行う方法を採用しております。 これにより「効率的なデバッグ」と「作業の自動化」が可能となり、生産性の向上、開発の効率化、納期短縮を実現することができました。これらの開発経験で培ったノウハウや、最新技術の研究プロセスで生まれたメソッドを用いて、お客様のご要望に最適なご提案や、前例のない先進的なお取り組みに貢献いたします。


運用更新を最適化するための技術を採用

昨今の流れの速いシーンにおいて、スマートフォンアプリは一度リリースして終わりではなく、運用更新を意識する必要があります。よってソニックムーブでは、テストやリリースの自動化にも取り組みながら、効率的に対応できる運用体制をご提供しております。一例として、スマートフォンアプリが出た当初よりなされているネイティブ開発に加え、Webビューを活用することによるコストの最適化がそれに当たります。また、Android OSとiOSでの開発の共通化も推進しており、特にFlutterというライブラリに注目し採用しています。